オーストラリアなんだもん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

電子書籍は買いか?

話題の電子書籍、
キンドルとかKOBOとか、いろいろあるよね。
ソニーも出しているし、よくわかんないメーカーも59ドルとかである。
http://www.jbhifi.com.au/portable/mp3-players/ebook-reader/

キンドルは、iPHONEみたく多言語対応なので、
日本の書籍も読むことが出来る。
日本のKOBOもそうみたいだけど、豪州で売ってるのは、
どうなのか確認してみる必要があるな。

ハードは、いいとして問題は、ソフト。
まず、絶対的な量が少ない!
紙代、印刷代、輸送費、返品、これらのコストが
ゼロになるんだし、出版社もメリットがあると思うけど、
海外在住日本人は、心待ちにしています。(自分だけ?)
重い本を抱えて飛行機に乗ったり、莫大な送料を
払う事から解放されるもんね。
別に安くなくたって、読みたければ、買うよ。絶対
日本に居れば紙の本がいい時もたくさんあるけど、
ここだと、選択肢がないもんね。

でも、あのアマゾンでさえ、海外からの購入が制限される
っていうか、日本のアカウントやクレジットカードを
持っていないと拒否される。
いろいろ裏ワザがあるらしいけど、メンドウだよね。
うまくいっても、5冊以上とかになると、
「海外からの購入が出来ません!」ってなる。
これも国によって違うらしい。
再販制度とか国によってルールが違うから。
アジアはOKな所が多い。
シドニーの紀伊国屋さんとか、雑誌や新刊で
電子書籍で販売してくれれば、買うと思うよ。
おねがい

海外から"Kindle日本"の本を購入して読む方法


とりあえず、アイフォン用のキンドルをDLして、
無料の本を購入(もちろん無料だよ)。
夏目漱石とか太宰治があるんで、そこらへんから
読んでいこうかな。



本当ににインターネット様様だよね。
ここに来た当時は、週に一回、ピットストリートにある
ワーホリオフィスにお邪魔して1~2か月遅れの新聞を
むさぼるように読んでたもんね。
とにかく日本の活字に飢えてたよなぁ。
そのお話しは、おいおい

スポンサーサイト

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

  1. 2013/01/31(木) 16:25:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。