オーストラリアなんだもん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

憧れのナンバープレート

ネットで憧れのナンバープレートランキングっていうのがあった。
1位から・・・品川、湘南、富士山、横浜
だそうな。

仕事で神奈川県に引っ越した時、わざわざ横浜ナンバーを取得できる
地区に引っ越すやつ(若い男性ね)とかいて、まったく意味がわからなかった。
普通地方は、一県にひとつって所が多いからね。
その意味が理解出来たのは・・・

当時、林道ツーリングしてない週末は、都内で朝まで遊んでいて、
六本木とかも、ウロツクわけですよ。
かっこいい車に乗ったお兄さんとかが、歩道を歩いているお姉さんたちを
ナンパするわけですよ。
すると、お姉さんが、「大宮ナンバーごときで、ナンパするんじゃねぇ!」
と、ドナルんですね。(多摩って言う子もいたなぁ)
そこで初めて、若い男性がナンパ可能なナンバープレートを求めて居住地を
決めるっていうのが最重要課題っていうのを、認識するわけです。

一番最初に住んだのは、相模原なんで「相模」ナンバー。
神奈川県で一番ダサいらしい。
でも、自分としては結構気に入っていた。
北海道や信州にツーリングに行った時、ユースに泊まった女の子に
よく「このナンバープレート何て読むんですか?」って聞かれて、
必ず「スモウって、言うんだよ。」って答えていもん。
笑いを取ったつもりなのだが、多くの子がナットクしていた。

5位には、「なにわ」が入っていて、これは、周りがよけていきそうだから
と、いう理由らしい。
だったら、自分が高校の時に住んでいた「筑豊」ナンバーの方が、
ぜったい勝つと思う。(自分が住んでいた当時は、まだなかったけど)
しかし、最近はみんな車に乗らなくなって、そんなのも気にしなくなっているのかも。

ちなみに、豪州は、各州、準州、特別地区の8つしかありません。
(連邦政府の車「C of A」ってのがあったな)
モスマンに住んでいても、ブロークンヒルでも、同じNSWのプレートです。
ただ、最近は州のキャッチフレーズとか、州創立記念、オリンピック記念、
いろんなロゴや色のプレートが増えてきた。
西オーストラリア州は、「Home of Americans Cup」とかあったな。
(1986年にパースで開催されたヨットレース)
今は、プレートのアルファベットで好きな言葉が作れて、
政府のおいしい収入源になっている。
バスとかに、「あなたの名前をナンバープレートに」なんて、
派手な宣伝出しているよね。

なんやかんや言っても最強なのは、外交官ナンバーやね。
スポンサーサイト

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

  1. 2013/02/27(水) 19:00:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。