オーストラリアなんだもん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カーペンターズ デビュー40周年

ってことで、某SNS(大手じゃないよ)とか、NHKニュースとかに出てました。
カーペンターズのビデオクリップは例の放送権ってやつで音声のみ。(さすが、NHKだ!)
日本の洋楽シングル売り上げは、ビートルズを上まわり、No.1らしい。

中高生の頃、日曜の朝10時からはじまる、KBCラジオの「今週のポピュラーベスト10」という番組で
発表されたランキングをずっとノートに書き込んでました。
部活の遠征などで、番組が聴けなかった時は、留守録が出来るラジカセ(古い言葉だ)を
持っていなかったんで、返信用封筒を同封した手紙をラジオ局に送って、
ランキングのコピーを送ってもらってた。
なんで、そこまでしてたんでしょう?
まあ、おかげで洋楽の知識はついたけど、受験や就職には役に立たなかったなぁ。
そのノート、実家にあるかも、こんど帰ったら探そうっと。
普通の大学ノートで、表紙に知ってるかぎりの海外アーチストの名前を書いてた。
(ラズベリーズとか、ニッティーグリティーダートバンドとか、アルバート・ハモンドとか、、いちおう英語です)
ほとんどがボールペンで殴り書きだけど、その中で3つのアーチストだけバンドのロゴマークで書いてある。
そのひとつが、カーペンターズ。
どっちかっていえば、ロック志向の自分がなんでカーペンターズ?って今は思うんだけど・・・
デビュー曲がビートルズの涙の乗車券、ヘルプもカバーしてるし、プリーズ・ミスター・ポストマンなんかも
シングルカットして、流行った。
この曲をハガキでリクエストして、採用されったっていう事もあった。
(自分の名前がラジオで流れたので、翌日学校でヒーローでした)
とまあ、いろいろありましたが、やっぱりカレン・カーペンターの声だよね。
それと、レコーディング技術、オーバーダビングやリチャードのアレンジ等、、、、
すばらしい!としか形容できません。
そして、彼女の担当楽器がドラム、これもすごくうまい。
スラングがほとんどなく歌詞が聞き取りやすいって事もあるのかも。
SINGを歌う時は、日本公演の時にはかならず少年少女合唱団が出てくるし。

豪州で、40周年のニュースが無いって事は、そんなに人気ないのかな?
コンサートやったんかな?
トリビュートバンドも聞いたことないし・・・
でも、オリビアニュートンジョンと親友だったらしい、カレン・カーペンター・ストーリーっていう
映画にもこっちで2回ほど、放送してた。

日本から持ってきたカセットしか持ってないんだよね。(NOW AND THEN)
カーペンターズのCDを買うか。

          カーペンターズ


スポンサーサイト

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

  1. 2009/04/22(水) 18:53:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<デビスカップ、フェドカップ | ホーム | スタートレックXI>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://australia555.blog54.fc2.com/tb.php/149-a0d15c60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。