オーストラリアなんだもん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アコギ改造大作戦

朝の番組にふぐ刺し職人が出演していた。
豪州では彼一人らしい、もちろん日本人。
みんな、おそるおそる食べていた。
そんなに信用できないんだったら、呼ばなきゃいいのにね。
たのしく食べようよ。




高校時代から使用しているヤマハのフォークギター
戦友でもあるこのアコギにギターアンプを通して音を出してみたいと
かねがね思っていました。
別に、人前に演奏するって事はないんだけど、
エフェクターなんかにつないで、エレキっぽい音で遊ぶのも
おもしろそうかなっと・・・・・
アコギだと、コンデンサーマイクやエピゾマイクやコイル式とか
いろんな方法があるんだけど、ますお店に行って物色。
ピックアップ2種類しかなくて、安いほうが199ドル!
なんだそれ!そんな金ねーぞ!
日本だったら、たくさんあって選ぶの苦労するぞ!

そしてら、エピゾマイクで自作した人のブログを偶然見つけて感動!
そうだよね、自作だったら、安上がりだし、いろいろ好みの改造が出来る。
って事で自作に決定。
学研の科学と学習のノリです。
エピゾマイクは、電卓や警報機などに内臓されている圧電スピーカーで
代用できる。(マイクとスピーカーって、使い方が逆なだけで原理は同じなんで)
壊れた電子レンジについている圧電(エピゾ)スピーカーを使用。
料理が出来上がると、ピーっ!ピーっ!ピーッ!って鳴るやつね。
今は、チン!って鳴るレンジが少なくなったんで、
「チンして!」って死語?

黒いやつが圧電スピーカー
って、みんな黒っぽいか。
ピックアップ1

これに、コードを半田付けして、完成。
材料費タダ。
製作時間15分。

ピックアップ2

これを、両面テープでギターのボディーに貼り付ける。
ギターアンプに接続。

ピックアップ3

鳴った!

ギンギンな音は、想定の範囲内。
しかし、ハウリングがひどい。
ボリュームを少ししか上げられない。
トーンもベース以外は、最小。
やっぱり、プリアンプ経由じゃないとキツイか。
それも、自作するしかないか。
ここじゃ、キットは、売ってないだろうし。

秋月電子とか、千石電商とか、嘉穂無線とか、あればなぁ。

ってことで、次回に乞うご期待!




ひとりギター練習用のミニミニアンプキット

ピックアップ4

スポンサーサイト

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

  1. 2010/05/18(火) 18:07:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ライオンズ・クラシック2010 | ホーム | PC不調>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://australia555.blog54.fc2.com/tb.php/409-a63e31af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。