オーストラリアなんだもん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シドニー近郊におけるテレビ局受信状況の実態(その1)

今までにいくつかのテレビアンテナを屋根に設置した経験があるが
サバーブ(特にノース地区)によっては、各チャンネル間の受信レベルに大きな違いがあり、
すべてのテレビ局をクリアに視聴できない事が多々あった。
(まったく受信不能な局もある)

テレビ局の電波塔は、受信地域のほぼ中心で一番高い
建物(タワー)に、まとめて設置されるのが普通である。
たとえば、関東の場合はスカイツリー(以前は東京タワー)に
アンテナの方角を合わせて置けば、ほぼ問題なく受信できる。
(ビル影によるパルチパスの場合をのぞく)
シドニーにおいては、センターポイント(シドニータワー)の
てっぺんに電波塔を設置するのが最良と考えるのが普通だが
実際には、まったく違う場所に設置されている。
下図を見て頂きたい。

テレビ塔1

アーターモン近郊の地図であるが、
3つの電波塔がある事がわかる。
これは、すべてテレビ用のタワーだが、
お互い1km以上離れている。


この写真は、ハーバークルーズに参加した時に撮ったアーターモン付近の
写真だが、3つの塔が離れて建っている事が一目瞭然である。
テレビ塔2


各々が違う放送局の電波を発信している。
これでは、野外に設置する八木アンテナでは指向性が鋭すぎて、
この近郊に住んでいる視聴者は、すべてのテレビ局の電波を
問題なく受信する事は、不可能である。
(室内アンテナの方が良好な可能性がある)
では、どうすれば良いのか、いろいろと方法を検討してみよう。

スポンサーサイト

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

  1. 2012/08/31(金) 20:53:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<来週からファイナルシリーズ | ホーム | 左遷>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://australia555.blog54.fc2.com/tb.php/919-f0ca920e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。